春夏秋冬の
季節の味わいをSeasonal taste

ほっき飯

五季飯とは

地元の皆様にご愛顧をいただく
「旬魚・鮨の店 あら浜」は、
亘理と仙台に2店舗を構えています。

あら浜の顔となるのは、宮城で獲れる上質な鮮魚と活貝を使用した鮨と、
名物料理である“五季飯”の2つ。

特に五季飯は1年を5つの季節に分け、それぞれの時季に美味しい食材を
ふんだんに使用しており、手間を惜しまず一品ひと品丁寧にお作りしています。
その魚介から取った出汁でふっくらと炊き上げたご飯も、ぜひ味わっていただきたいものです。
四季折々で移り行く、あら浜ならではの味覚をぜひ。

現在の五季飯
9/1(火)よりはらこ飯を販売です。

※価格はすべて税抜き表示です。

春

ほっき飯(12月中旬~4月下旬)
冬と春にかけて旬を迎える新鮮なほっきを、秘伝のタレでじっくりと煮付けました。程よい歯ごたえと、口中に広がる旨味と甘味は格別。見た目にも鮮やかなほっき飯は春の訪れを感じさせてくれます。

春・初夏

銀鮭はらこ飯(4月初旬~7月初旬)
春から夏にかけて旬である宮城県産の銀鮭を使用。鮭で取った出汁で炊いたご飯の上に、銀鮭とますこをたっぷりと載せてご提供いたします。当店名物の秋の「はらこ飯」とは一味違った銀鮭はらこ飯も是非一度ご賞味ください。

夏

あなごせいろ(7月初旬~8月末)
三陸の名物である穴子を丁寧に煮詰め、ふっくらと仕上げた「あなごせいろ」はあら浜の夏の風物詩。ご飯が隠れるほどたっぷりと敷き詰めた穴子と炊きたてのご飯、香ばしいタレが三位一体となった贅沢なひと品をご堪能ください。

秋

はらこ飯(9月初旬~12月初旬)
宮城県の秋鮭を使用した郷土料理「はらこ飯」。あら浜の代名詞でもあるはらこ飯の下処理は、イクラの薄皮を剥ぐ、緻密な作業から始まります。丁寧な手仕事の一つひとつが美味しさの秘訣です。はらこの食感と秋鮭の美味しさを思う存分味わってみてください。

冬

かき飯(12月中旬~3月初旬)
冬の旬の代名詞である牡蠣も「あら浜」で五季飯としてお愉しみいただけます。凝縮された牡蠣の美味しさと、その旨みを凝縮したご飯。そこに「かきみそ」を付けて、さらに濃厚な味わいをご堪能ください。

「はらこ飯」と「銀鮭はらこ飯」の違い

はらこ飯

当店に寄せられるご質問で多いのが
「はらこ飯」と「銀鮭はらこ飯」は何が違うのかというものです。
一言で言えば「食材の違い」。
はらこ飯は宮城県産の秋鮭とイクラを使用しております。
秋鮭は脂が程よく、イクラとの相性がよいです。
逆に銀鮭はらこ飯は宮城県産のサーモンとマスコを使用。
脂の乗ったサーモンの身は、小粒で食感の良いマスコと絶妙なバランスとなります。

五季飯 お品書き

※価格はすべて税抜き表示です。

単品画像はイメージです。

五季飯

1人前1,700円~ / ハーフ1,400円~※ご飯大盛り 100円

五季飯の単品には、あら汁と小鉢、お新香、サラダをお付けしています。
ボリューム満点の内容ですが、女性の方やお子様でも食べやすいハーフサイズもございますので、
皆様、気軽にお愉しみいただけることかと思います。

セット画像はイメージです。

2種を味わう贅沢な愉しみ

季節限定五季飯ハーフセット
2,400円~

それぞれの旬によって、限られた日数だけ五季飯を提供できる期間が重なることがあります。2つの季節の逸品を一度にご堪能いただけますので、どちらを食べるか迷った際はこちらをどうぞ。

五季飯と
あら浜自慢の一品をセットで

※五季飯の内容、価格は季節によって変わります。

天ぷら画像はイメージです。

天ぷらセット2,400円~ / ハーフ 2,000円~
海の幸や旬の天ぷらを味わえるセットです。

刺身画像はイメージです。

刺身セット2,900円~ / ハーフ 2,300円~
あら浜自慢の鮮度抜群のお刺身と共に。

寿司画像はイメージです。

にぎりセット2,600円~ / ハーフ 2,200円~
五季飯と並ぶ名物の寿司をセットにした人気のメニュー。
お取り寄せ 五季飯をお取り寄せする

あら浜を代表する五季飯を、ご自宅でも愉しみませんか。
季節ごとに変わりゆくラインナップを気軽にぜひ。
五季飯の他、自家製の珍味も3種ご用意しています。

お取り寄せはこちら

最上部へ