はらこ飯から五季飯へ

亘理の郷土料理である「はらこ飯」は、お陰様を持ちまして全国の皆様に愛されるようになりました。
しかし、鮭の旬の時期でしかご提供ができないことと、まだまだ亘理には「はらこ飯」に負けない美味しい料理がある、
という思いから「旬魚・鮨の店 あら浜」では、1年を5つの季節に分けて、その時々の旬の郷土料理をお出ししております。

※表示価格は税別です。

※時期により価格が変更となる場合がございますので、
予めご了承ください。

鱒はらこ飯

春(12月中旬~4月末)

ほっき飯
見た目も鮮やかで、冬から春にかけてが旬のほっきを秘伝のタレで
じっくりと煮付けました。口中に広がる旨味と甘味をご堪能ください。
鱒はらこ飯
この時期は、「はらこ飯」はイクラではなく、ますこをたっぷりと乗せてご提供します。
当店は、できるだけ多くの時季に名物である「はらこ飯」を食べていただきたいと思っております。

鱒はらこ飯

初夏(5月初旬~6月末)

しゃこ飯
綺麗なオレンジ色の卵を持つ子持ちしゃこ。濃厚な味わいと独特の食感、
風味が「しゃこ飯」の魅力です。

しゃこ飯

あなご飯

夏(7月初旬~8月末)

あなご飯
三陸の名物である穴子をふっくらと煮付けた「あなご飯」は、夏の風物詩。
ご飯が隠れるほど贅沢に乗った穴子と香ばしいタレの相性をお楽しみください。

秋(9月初旬~12月初旬)

はらこ飯
志津川の銀鮭を使用した当店の「はらこ飯」は、イクラの薄皮を剥ぐ作業から行います。
丁寧な手仕事のひとつひとつが美味しさの秘訣です。

はらこ飯

かき飯

冬(12月中旬~3月初旬)

かき飯
冬の旬の代名詞である牡蠣も「あら浜」でお楽しみいただけます。旨味が凝縮された
「かき飯」は、「牡蠣味噌」を付けていただくことで、さらに濃厚な味わいとなります。

五季を味わう組み合わせ

五季飯の単品もご用意しておりますが、もうひとつの名物である寿司との組み合わせや、天ぷら、お刺身とのセット、2種類の五季飯をお楽しみいただけるハーフ&ハーフなど様々な組み合わせがございます。
様々な季節と旬の食材の組み合わせが生む無限の季節をお過ごしください。

五季飯

1人前
1,600
ハーフ
1,300

※ご飯大盛り 100円

五季飯には、サラダ、小鉢、あら汁、お新香が付きます。
ボリュームがありますので、お子様や女性の方にはハーフサイズもおすすめです。

はらこ飯セット
※写真ははらこ飯になります

ハーフ
※写真は、鱒はらこ飯としゃこ飯のセットになります

2つの季節を1度に味わう

ハーフセット2,100
2つの五季飯を同時に味わえる時季には、ぜひハーフセットをご注文ください。二季を一度に感じる贅沢を。

五季飯セット

  • 天ぷらセット
    ※写真はすべてあなご飯とのセットになります

    天ぷらセット

    2,600

    ハーフ
    2,000

    旬の野菜と海の幸の天ぷらと五季飯を一緒に味わえるセットになります。

  • 四季セット

    旬味セット

    2,900

    ハーフ
    2,300

    旬味セットは、新鮮なお刺身と五季飯が楽しめます。亘理の新鮮な海の幸をご堪能ください。

  • 四季セット

    四季セット

    2,900

    ハーフ
    2,300

    「あら浜」の名物である五季飯と寿司がセットになった人気メニューです。

ご宴会用の五季

  • 全国発送はこちら
  • コース・ご宴会はこちら

最上部へ